仏画の描き方

                                                                      20060604設置   20130124更新
                  準備する物   手本となる下絵 ・ Hの鉛筆 ・ Bの鉛筆 ・ 練り消しゴム 
                            引きの強い大き目の和紙(半切3分の1ほど)

                             トレーシングペーパー ・ ボールペン(色のもの)
                            仏画を描く色紙や和紙 ・ 面相筆 ・ 墨 ・ 硯


 仏画の描き方には色々ありますが、私の教わった描き方をご紹介します。私の場合は
 写経を勉強中に、その先生に写経と平行して教わりました。

 ①下絵を準備する (私の場合は、教えてくださった先生が描かれた物を下絵として使わせていただきました)
   市販の本を買って手本にするのも良いと思います。

 ②描き写す為のカーボン紙に似たものを作ります。引きの強い和紙で半紙よりも大きな紙に
   鉛筆Hを使い、全体を塗りつぶします。これをカーボン紙のように使うのです。
   市販のカーボン紙は油性なので向きません。
 
 ③下絵の上にトレーシングペーパーを重ね置きます。そして下絵をBの鉛筆で丹念になぞります。

 ④出来上がったら、仏画を描く色紙(普通の和紙でも可)の上に②で作ったカーボンを置いて、
   その上に鉛筆でなぞったトレーシングペーパーを置きます。

 ⑤その絵の上から色のボールペンで丁寧になぞっていきます。
   この時ボールペンを、軽く使わないと色紙に型が残って仕上がりが汚くなりますので、ご注意ください。
   鉛筆の上を色ボールペンでなぞるので、なぞり残しを見分けられます。

 ⑥次に必ず磨った墨で、面相筆を使って描きます。【仏様を敬う気持ちで墨汁ではなく、必ず摺ります】
   下絵を横に置いて、見ながら線の強弱に気をつけて、描いて行きます。
   1本の線は途中継ぎ足ししないように一気に描きます。これが出来映えのポイントになります。


 ⑦出来上がったら練り消しゴムでカーボンの痕を消していきますが、ゴシゴシこすらないで、
   軽くポンポンと叩きながら丁寧に消していきます。


        以上です。

    HPにアップさせていただく理由は、自分自身が描き方を忘れないようにと思ったからです。
    どうぞご了承くださいませ。

    最後になりましたが、写経・仏画を御指導してくださいました先生に、深く感謝申し上げます。